どうも更新遅れてすみません〜
WUJA BIN BIN とは別に新たなバンド、
ATOM ON SPHERE が始動致しました。
こちらでもベースを弾いております。
また詳しくこちらにも書きますが、
来月CDが発売になりますので宜しくたのんます!


WUJA BIN BIN のほうは11月の末には、
アルバム用の全ての音が出来上がります!
AxSxE くんが一生懸命 MIX してくれとります!
からの WUJA BIN BIN メンバー紹介その3〜


湯浅佳代子(トロンボーン)
http://ameblo.jp/yuasadeath-trombone-jazz/

t02200331_0700105211517756085.jpg


バンドを組むにあたってゴセッキーが、
こういう音ならトロンボーンが居た方が良い、
というので周りに色々訊いてみたところ、
現場で一緒だったピアニストの大久保敬くんが、
パンチのありすぎる女性を知っとりますというので、
そりゃパンチあるほうが良いなとリサーチしてみたらば、
ゴセッキーが会ったことある娘だったので、
連絡をとって来てもらったのが最初。


まあ湯浅ちゃんパンチあります。
口癖が「お嫁に行けない」です。
この間観に行ったビッグ・バンドでは、
皆さんビシッとスーツ着てビシッと演奏しとりましたが、
湯浅ちゃんのソロではろくにトロンボーンも吹かずに、
かなりの小節の間シャウトし続けとりました。
そりゃお嫁に行けんだろと思いました。


あとミッチー(及川光博)が結婚してしまうって時、
超ド級の本気でへこんでました。


キャラ先行型人気者の湯浅ちゃんですが、
その裏では音楽理論的な所はビシッと押さえてて、
ジャズやクラシックなどなどハンパなく強い。
80年代のケニーGとかデイヴ・コズのような、
笑えちゃうミュージシャンにもすんげー詳しい。


トロンボーンのほうは自らアーバン系と言うように、
お洒落なフレーズを盛り込んだりする反面、
キャラ通りパンチのあるぶっとい音も出せるという、
何と言うか女の子らしからぬ? 感じだと思います。
ジャズからポップスなどなど多方面で演奏しとりますが、
この男勝り感が人気者たる所以ではないかと。
あとはミッチーのような彼氏ができたら完璧よね!

2011-11-04 04:42 この記事だけ表示   |  コメント 4
 
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。